「ATP1000 インディアンウェルズ」に出場する世界7位の錦織圭(日本/日清食品)。インタビューで、錦織はロジャー・フェデラー(スイス)について「あんなに度々高いレベルでプレーしながら、あまり怪我をしないことに驚かされる」と語った。
(略)

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は「もちろん彼は誰よりもきついトレーニングをしている。あまり見ることはないけど、すごくきついトレーニングをしているに違いないと思う」とフェデラーについて話している。

また「彼はとてもスムーズなプレーをする。どんなショットを打つ時も、全く身体にストレスをかけていないように見える。それが、彼があまり怪我をしない最大の理由だと思う」と長きにわたって活躍できる理由を分析した。

http://news.livedoor.com/article/detail/16124358/


要するに、ケガの多い錦織選手は、、


スムーズじゃないプレーをし、どんなショットを打つ時も身体にストレスをかけている、、


ということなんですね。


前にも書きましたが、、


フェデラーのプレーは美しい。


フェデラーの身体軸


フェデラーは、、
インパクトの瞬間、、
構えからインパクトまでの動きの全てがその一点に集中して爆発力があるのに対して、、、
錦織の場合、、パワーがその一点に集中していない。
バックハンドも、、

確かに錦織はパワフルです。

しかし、シングルハンドで打つフェデラーの方が全身の開きを使ってシャープな球を返している。
ダブルハンドで一見強そうでもチカラの方向性がまだバラバラな動きで生かしきれていない錦織、、
それは、、
身体軸、身体意識、センターの差が大きいんですね、、
結果として、、ショットショットのロスの大きい錦織が負けた、、
試合見ていて、、
フェデラーのプレーには「華麗な」というコトバの似合う「身体意識の美しさ」が随所にあり、、
錦織にはソレがなかった。


無理・無駄・ムラが無い。



いいプレーを見て真似る、スポーツには大事です。



取り敢えずこの辺で。



人気ブログランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村