結局、失火はタコ足配線だったのでは?

 那覇市の首里城で正殿などが焼失した火災で、市消防局は7日記者会見し、火元とみられる正殿北側の分電盤につながる配線から数十カ所以上の溶融痕が見つかったことを明らかにした。

消防によると、溶融痕は正殿の外から分電盤に電気を引き込む配線と、分電盤のコンセントからつなげた延長コードから見つかった。引き込み線の溶融痕は1カ所だった。

 延長コードは焼け溶けて30カ所以上に分散し、溶融痕ができていた。ショート痕か外部の火による二次的な傷かは特定できず、今後研究機関に送って鑑定するという。 

結局、過失失火です。

管理者の「沖縄美ら島財団」の業務上過失失火ですね。

配電盤コンセントからの延長コードから失火していることになるんで、、、

つまり、、

イベント設営準備とかの管理も「業者任せ」で、、

何もしていなかったというコトです。


再建に多額の国税入れるだけ、、「無駄金」ですね。

また繰り返しますから。


こんなんが沖縄の魂だとか、、笑い話です。


取り敢えずこの辺で。