日韓首脳対話 無断で撮影 韓国が周到に準備、不意打ち
韓国大統領府が公表した安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による面談の写真は、韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたことが7日、分かった。いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反を是正することなく日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている。
騙して控室に連れ込み首脳会談したと嘘を吐く韓国工作部隊
「あれは信義則に反する」。複数の日本政府関係者が口をそろえて憤る。両首脳の対話が発生したのは4日、タイのバンコク郊外で開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の開始前の控室。首相の同行筋によると、入室できたのは、各国首脳とその通訳のみのはずだった。

 しかし、韓国大統領府が公表した写真には、首相と文大統領、それぞれの英語通訳の計4人が写っている。複数の日韓外交筋は、撮影した人物を「韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長」と証言する。

 しかも韓国側は両首脳の接触から写真撮影、速やかな公表まで周到に準備していた節がある。首相の同行筋は「首相は控室にいた10人の首脳と順番に握手し、最後が文大統領だった」と明かす。最後の位置にいる文大統領から話を持ちかけられれば、首相は断りづらかったと思われる。

 韓国政府は大統領府の公式ホームページ(HP)などに両首脳が言葉を交わしている写真を掲載し、「文大統領が日本の首相と歓談」と発表した。韓国語だけではなく、英語、日本語などでも説明し、対外的なアピールも狙った。

 一方、日本外務省はHPで文大統領との対話は紹介していない。日本側は正式な会談ではなかったとの立場だからだ。そもそも日本側は日韓首脳が対話する事前の準備はしていなかった。写真撮影はなおのことだった。

 首脳間の非公式のやりとりに関する写真撮影やその公表には、明文化されたルールがあるわけではない。ただ、外務省幹部は「個人のSNS(会員制交流サイト)でも、誰かと写った写真をアップするときは、相手の許可を得るのが常識だ」と話し、日本側は韓国の行為を「エチケット違反」(外交筋)とみなしている。

「韓国は対話を持ちかけているニダ、対話を拒んでいるのは日本ニダ」

こういう作戦で、、

安倍総理が「原理原則通りに国際条約を順守しろ」というコトを、、

韓国通訳は、、

「原則通りにしましょう」だけムンに伝えて、、

ムンの言う「対話で解決」という原理原則が首脳間で成立したとする。

こういう詐欺です。


非韓三原則。
教えない
助けない
関わらない。

「非韓三原則」を説く理由からお聞きします。

古田 助けてもロクなことがないから。教えても感謝せず、むしろ「ちゃんと教えない」などと難癖をつけてさらに要求してくる。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43424


半島への対処「助けず、教えず、関わらず」の「非韓三原則」しか日本に道はない 『韓国・韓国人の品性』

https://www.sankei.com/life/news/170826/lif1708260014-n1.html


元々、小中華思想で、、

元々朝鮮が大陸を発展させた、朝鮮こそが本当の大国だ、日本は蛮族だという思想で、、

両班という貴族階級が、国民の8~9割の奴隷階級を支配していた国です。

そこを併合によって奴隷制を廃止した。

数百年の奴隷制に慣れていた朝鮮半島は、、

数十年程度の併合では根本は何も変わらなかった。

今でも「ウリ達が世界一だ」と考えている民族です。


日本の在日外国人で生活保護を受けている人達がいる。

これは憲法違反で、、

生活保護は「日本国民」の権利です。

その在日外国人生活保護受給者の6割が「南北朝鮮人」というのが現実で、、

国内でも代替わりしても「タカリ体質」は維持されています。


もう、国として関わらないことです。


取り敢えずこの辺で。