おかしな選考と言えば、流行語大賞。

無くて良い「大賞」です。

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が2日に発表され、“年間大賞”に日本が初の8強入りを遂げ、列島が沸いたラグビーW杯日本大会のチームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が輝いた。

ワケワカメなのは選考理由。

「ONE TEAMは、世界に広がりつつある排外的な空気に対する明確なカウンターメッセージであるとともに、近い将来、移民を受け入れざるを得ない日本の在り方を示唆するものとなった。それは安倍総理にもしっかりと伝わったと信じたい」と伝えている。

アホです。

流行語大賞が何で安倍総理に絡むんですかね???

そもそもワンチームってのは、、

チーム一丸。

日本というチームに一丸となる多国籍ですから、、、

日本という国に一丸となる外国人を排斥はしていない。

むしろ、、

このサヨク選考委員が、、

日本というチームを仲間割れや分裂解体する方向に工作活動をしている。

そのテロチームのメンバーが、、

選考委員は、姜尚中氏(東京大学名誉教授)、金田一秀穂氏(杏林大学教授)、辛酸なめ子氏(漫画家・コラムニスト )、俵万智氏(歌人)、室井滋氏(女優・エッセイスト)、やくみつる氏(漫画家)(50音順)、大塚陽子氏(『現代用語の基礎知識』編集長)。

ということです。

これは「テロリスト」の名簿です。


今年の流行語は、、「令和」だと、、思いますけどね。


取り敢えずこの辺で。