身体軸ラボ シーズン2

    シーズン2として新たに開始します

身体軸

仙骨が寝ていると居着いてパフォーマンス低下

まぁとある理学療法士のtweetに、、

仙骨が寝ていると、、

踵重心だし、、

猫背だし、、

背中が亀仙人になって硬化している。

その場に居着いて動けないし、、

フレキシブルな動きは出来ない。


プレーの前に、、

姿勢を直す事大事です。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。






無駄なトレーニング 考

まぁ、聖書にありますが、、

イエスキリストの言葉と言われる中に、、

「彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう」

こんなのがある。

で、、

こんなトレーニングは不要1

これ、、ラケットでシャトルを打つ動きの左右フットワーク強化のトレーニングらしい(笑)

ゴムチューブトレーニングで、、

ヒップアップ用?と思ってしまいますね(笑)

で、、

このコーチのプロフィールみると、、、

中学校からバドミントンをはじめ、都立小〇川高校→慶〇義塾大学と進みバドミントンに没頭。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオ〇〇〇 for women立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。Twitter, Instagram, YouTubeのフォロワーは5,000人を超え、講習会やチーム指導依頼も多数。

とあります。

選手実績は特にない。

学校部活ですね。

フィットネスクラブ仕事での知識とか活かしたいと思っての起業なんでしょうけど、、

これは、、部分強化の筋トレのマチガイと同じ轍です。

例えば、、

体操の内村航平選手、、

ウエイトトレーニングとか筋トレはしない。

全て体操でついた筋肉だという。

体操競技において、不要な筋肉は邪魔でしかない。

特異性の法則と言って、、

そのスポーツの動作を繰り返すことで目的に適った筋肉をつける。


つまり、バドミントンというラケットスポーツなら、、

シャトルを打つためにラケットを振る。

この動作が大事で、、

負荷をかけて行う必要は無い。

基本的に「自重」で良いんですよ。


例えば、この画像のように、前方のシャトルを低い位置で打つ時、、

前にラケットと足を出す。

この時、ゴムチューブで使う筋肉を本当に使うのか考えてみれば、、

使う訳が無い(笑)

つまり無駄な筋出力の記憶を、違う動作を身体に刻ませていることになり、、、

プレー自体のパフォーマンスは低下すると思います。

そもそも同じ動作でも、何を何処の筋を使ってその動作しているのかは選手によっても違う。

そういう意味では、学生部活レベルで考えたトレーニングでしょうね。



つまり無駄な自己満トレーニング。

そういうことです。


ゲームでは、、

ラケットを持ち、シャトルを見て打つんで、、

画像のように、手ぶらで顔を上げて動作するとか、、

一連の連動性も全く違うトレーニングをしているというのは明白なんですね。


まぁホントあほらしい。



イエスキリストの言葉が2000年を経ても、、

色褪せない。

「人類は進化していない」、、とも言えますね。


で、、

ゴムチューブのヒップアップなら、コチラがお薦めかも(笑)

美尻で有名な岡部友氏
岡部友


一般人はコレで良いです。
※アスリートには薦めませんけどね。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。





日本人ダンサーの背中

テレビでキッズにダンス教えて生計立てていた方が、、

武漢コロナ禍で、ダンス教室が閉鎖で、、

自宅売却とかやっていました。

で、、

7月に入って教室再開で、、

自宅で練習している風景が出ていたんですけど、、、

背中が丸い。

そして背中が動いていない。

これはたぶん日本人の特徴で、、、、

肩甲骨の間の部分、、

「拘束脊柱起立筋」

僧帽筋を中心に固まっている。

激しいアクションはしているんですけど、、、

そこだけ固定で、手足がバタバタやっている感じです。

日本人ダンサー、日本人高校生ダンサー、日本人インストラクターによく見られていて、、

つーか、ほぼ殆どですけど、、、、

この固着した動きは外人ダンサーに感じる事は無い。


つまり背中が稼働していないし、、

本人(先生含めて)がそれに気づいていない。


そういう問題ですね。


スマホ首
猫背
仙骨が下滑りしている(たれ尻)

そういう部分を意識していないことで、、、

踊っていく度にクセが固着している。


一番悪いのは、、

体型を隠すウエアでしょうね。

体型をクッキリ出せば、、、

外人ダンサーと比べて何が違うかはわかりやすい。

ダボダボのウエアでダンス教室しているのは、、、

自身の背脂を隠していてる。


誤魔化しだというコトです。


キッズに自分の「背脂と猫背」見せて、、キッズが成長すると思っているんですかね????



取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




体幹トレーニングとは何なのかという 件

体幹トレーニングとは何なのかという 件、、

体幹トレーニングってイメージすると、、

普通は、、筋トレですね(笑)

「体幹トレーニング」で画像検索しても、、

検索で一般的な体幹トレーニング

こんな感じで、、

筋トレです(笑)

実際これで体幹が生まれるのか?というと、、

体幹の筋肉はついている。

パフォーマンスもある意味それなりです。

で、、

数年前に

テレビの夕方の民放のとあるコーナーで、、

一本歯下駄をやっていた。

一本歯下駄


これで、ミニトランポリン

※手すり付きが安全です。


運動オンチの女性アナウンサーが、、

一本歯下駄で歩く走るトレーニングして、、

トランポリンの上で一本歯下駄で足踏み~走る足踏みをした結果、、、

50m走のタイムが大幅に向上した。

そして正面から捉えたカメラ映像も、、、

ビフォーでは、左右ブレブレで上下動も激しかった走り方が、、

アフターでは、真っすぐ綺麗に走っている。

ほんの1~2時間程度の特訓でこうなった。


大事なのは、、

筋肉だけではなく、、

感覚だし、、

コントロール力です。


パフォーマンスの向上ってのは、、

感覚部分を上げていく事は大事です。

部分部分のスポットの筋肉強化ではなく、、

そのスポーツの全体の連動性を含めた筋トレを考えること。

つまりメニューはスポーツによっても、ポジションによっても変わってくると思いますね。



取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




新トレーナーと共に築いた勝利への方程式。ルーティーンを踏襲し「機械化」しない

再び全米決勝に勝ち上がった彼女は、「今大会でもゲン担ぎがあるか」と聞かれると、少し考えた後に「試合のない日に練習をしなくなったのが、これまでのグランドスラムと違う点かしら」と言った。

 「でもそれも、痛めている足を休める側面が大きい。ルーティーンと呼べるものは特にないかな」と述懐した後に、こう続ける。

 「ルーティーンと言えるものがあるとすれば、毎回、同じウォームアップをしていることかな」…‥と。

 「僕としては、なおみと一緒に迎える初めての大会。その中でトレーナーとして何ができるかを考えた時に、まずはルーティーンを作ることでした」。

USオープンの前哨戦であるウェスタン&サザンオープンで大坂に初帯同した時、「試行錯誤しながら」徐々に築き上げたのが、ルーティーンとしてのウォームアップだった。

 矛盾するようではあるが、中村は「ルーティーンとは壊すものだ」との信念の持ち主でもある。いかに優れたトレーニングや練習メニューも、長く続けるとマンネリ化し、徐々に刺激や意味合いも薄れていく。だからこそ「壊していくべき」と信じるが、それはルーティーンの存在が大前提にあり、壊すためには、まずは作らなくてはいけない。

「試合前に、縄跳びなどで瞬発性をあげるのが効果的か、あるいは柔軟を増やした方がいいのか。メディシンボールにしても、試合前のアップでは重いのがいいか、軽い方がいいのか……それは選手によって違いますから」

 前哨戦では、そのあたりの見極めに時間と神経を費やした。そうして出来上がったルーティーンは選手にとって、精神と肉体を戦闘モードへと整える、有る種の儀式にもなるのだろう。

 また、ウォームアップをさせる際に留意するのが、決してそれが「機械化しない」ことである。

 表層的な動きをなぞるだけでは、意味がない。選手や指導者の中には、「ウォームアップは身体を温めるもの」ととらえる者も居るが、中村と大坂は違うという。

 対戦相手のプレースタイルに応じ、前に走りドロップショットを拾う動きか、あるいは左右に走りスライディングする技術かなど、必要な要素も変わってくる。だからこそ中村は、一見同じに見えるセットメニューの中でも、意識や身体の動かし方をつぶさにチェックし、必要に応じて助言を与えていった。https://news.yahoo.co.jp/byline/akatsukiuchida/20200912-00198003/

機械的にこなすルーティンではない。

次の対戦相手のプレースタイルに応じてその意味するところをきちんと意識してこそ活きたルーティンになる。

意識を何処に置いてトレーニングしているのか、、

身体意識というものがパフォーマンスを向上させている訳です。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。



■人気ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
■にほんブログ村

大坂なおみ躍進の理由…フィセッテコーチが明かす「フットワーク改善」

テニスの全米オープン女子シングルス第4シードの大坂なおみ(22)=日清食品=は、12日午後4時(日本時間13日午前5時)から決勝で世界ランク27位のビクトリア・アザレンカ(31)=ベラルーシ=と対戦する。今季から大坂を指導し、アザレンカのコーチ経験もあるウィム・フィセッテ氏(40)は11日の会見で、躍進の要因にツアー中断中のフットワーク改善を挙げた。

 今年から大坂を指導するフィセッテ氏は、アザレンカら4人の元女王を教え、4大大会優勝4回の経験がある。データ活用にたける“優勝請負人”は、まず「全てはフットワークから始まる」を掲げ、軸のブレない動きを学ばせた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fdd34a95abc219218020558a6d77fd91fd48fbb5

ニュースのプレー動画しか見ていませんが、、

動きにブレが無い。

大腿部も幾分引き締まって見えた。

動きに軸筋が出ているのは、、、

このトレーニングのおかげですね。

どのようなプレーも、、

ただ打つのではなく、、

軸がある。

201507142149192e6s

スクワットもしっかりセンター意識を忘れないことです。
薪割りスクワット


勝因として「メンタルが安定していたから」と評されていますが、、、

メンタルの安定をもたらしたのは間違いなく体幹部の安定であり、、

「軸の形成」だと思いますね。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。



■人気ブログランキング


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
■にほんブログ村

「鴻江理論」体の特徴を技術に落とし込む

鴻江理論によると、右の骨盤が閉じて左の骨盤が開いているのが猫背型の「うで体」で、逆に右の骨盤が開き、左の骨盤が閉じているのが反り腰型の「あし体」。判定するには、左右の足をうで体は左側に上げやすく、あし体は右側に上げやすい特徴が骨盤の開きから現れるため活用しやすい。こうした骨盤の左右差、体のゆがみが各人に存在し、それによって動作に違いが表れることは鹿屋体育大で行った研究で実証されてもいる。

 そして、この体の特徴を右投手の動作に当てはめると、左の骨盤が開き投げる方向に開いていきやすい「うで体」は軸足重心の時間を長くすると力が発揮しやすい。腰は開いていってしまうため、左肩を投げる方向に真っすぐにスライドさせながら併進移動を行い、体の回転軸はヘソの下の丹田から伸ばす。

 逆に左の骨盤が閉じていて投げる方向に体が回りづらい「あし体」は左肩を引くように回して投げると力が発揮しやすい。左腰を投げる方向に真っすぐにスライドさせながら併進移動を行い、体の回転軸を背中側の仙骨から伸ばすと引く力を使いやすくなる。


「例えば、右投手のうで体の場合、開きやすいと理解しているので、『軸足の重心を意識しよう』『左腕のカベを意識しよう』などと考えている様子があるのが良いですよね。骨盤は開いている側に回っていきやすく、閉じている側に回りづらい特徴を理解して、それを自分のタイプに照らし合わせてフォームを考えられるようになれば、自然と成長していくと思います。自分の体に合った動きは障害を予防することにもつながるので、鴻江理論がその大きなヒントになると良いと考えています」

https://www.bbm-japan.com/baseballclinic/17291364


この「うで体」「あし体」の二分類ですけど、、


どちらも絡んでいるタイプもいる感じで、、


要は、回り過ぎてしまう、又は回り辛い、それを別の部分で意識して稼働よくする。


同じ動作でも、、


指意識か、

手首意識か、

肘意識か、

腕意識か、

肩意識か、

肩甲骨意識か、

背中意識か、

何も意識なしか、とか、、


全員違う。


それに対して一つの指導で何かパフォーマンスを引き出すのは、、


偶々合致した選手だけが伸びることになる。


偶々合致した動きをしていた選手だけが記録を残したりする。


つまりまだまだ偶然性に左右されている訳です。


そうやって意識を細分化してスイッチを入れる部分を身体と対話して見つけていく、、


それがスポーツの醍醐味でもありますね。



※スポーツ関係ない方にはつまらない話ですけどね。

※ワタシはうで体かあし体か判別しにくいタイプです。どちらの足を上げても開いてもほぼ同程度なんで、、両方を活用する考え方もアリですね。



取り敢えずこの辺で。

※2つのランキングクリック宜しく。




■人気ブログランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
■にほんブログ村

菅野智之が取り組む アームファースト投法

2020年1月中旬、菅野智之の姿は福岡県久留米市にあった。動作解析の専門家で、ヒトの体は骨盤の左右の傾きによって猫背タイプの「うで体」と反り腰タイプの「あし体」に分類されるとし、それぞれの動きに合った動作を提唱する鴻江寿治トレーナーが主宰する自主トレに参加するため。昨季、11勝を挙げた菅野だが、腰痛の影響で離脱したこともあり、決して満足がいく1年ではなかったことを受け、そこでは大きな変化を受け入れた。

 鴻江トレーナーによると「うで体」タイプの菅野だが、以前のフォームは「あし体」の要素が強いもので、それが体の歪みを生じさせていた可能性があるという。具体的には左の骨盤が後傾し(開き)、右の骨盤が前傾している「うで体」の右投手は投げる方向に体が回っていきやすい体のつくりになっている。そのため、体の右サイドでしっかりとタメをつくって力をためて投げることが大事になるのだが、鴻江トレーナーは、それまでの菅野のフォームはその点が不十分だと見て取っていた。
「菅野選手も30歳を過ぎ、体の柔軟性が落ち始める年代になり、余計に体のひねりが使いにくくなっていたようです」
 新フォームは始動時に合わせた両手を先行させて右肩の前に引っ張ることで上体のひねりを先につくるのが特徴的。さらに、レッグアップ時には両手を右腰の前に落とすことで軸脚側に重心を寄せ、タメをつくりやすくする狙いがある。

同じ動作をしようとしても、、

それを何処を意識して行うかで違うものが出来る。

鴻江寿治トレーナーの提唱する「うで体・あし体」理論。

日本人は大抵は猫背の「うで体」です。

この理論の応用されているスポーツがまだ種類少ない感じで、、

ワタシの関わっているスポーツの関係はまだみたいですので(笑)

自分なりに理論組み立てて、選手で試していく感じですね。

本当にスポーツは奥が深い。

自分は出来ていると思ったら、大間違いですからね。


興味ある方は、「鴻江寿治」で検索。
※野球とゴルフには多いみたいです。骨盤安定のベルトもあります。




取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




【ゴルフ】「この練習試してみて」 松山

https://the-ans.jp/news/125020/2/
この投稿をInstagramで見る

Try this putting drill the next time you’re on the practice green.

PGA TOUR(@pgatour)がシェアした投稿 -



ヘッドの位置というか、、

ヘッドの根元の「首の位置」をコーチが固定して、、

糸ラインに沿って打つトレーニングです。

身体軸というのは、、

内部感覚を磨くこと。

鏡に線を引いたり、、

目の前にラインを入れてそれに沿ってシャドウすることで身体感覚を磨きます。

201507142149192e6s


ロードバイクに乗っても同じ。

カーボンフレームの焼成はロットごとにムラは生じる。

例えばカーレースF1の車体もカーボンで焼き上げたモノコックで、個体差がある。

つまり微細な歪み焼きムラでドライビングの安定性も損なわれる。

ロードバイクフレームも同様に、、

フレームの中心線がきちんと出ていて、、

尚且つベアリングや各パーツの取り付けに中心のブレが無くアライメントがとれている事。

それがが総合的に組みあがってトップの車体になっているんですね。

それを乗車していて、、

ここのベアリングがイマイチだな、、と解ることがつまり身体意識だし身体軸だということです。

こういうパットラインを出してパッティングする。

身体の軸心をブレさせずに動くよう補助ホールドを入れて貰っている。

それぞれのスポーツに応用できる部分あると思いますね。

2019年09月14日 
シブコのスイング
渋野 日向子選手のブレないスイング、、
コーチが指導したのは、、
頭を手で押さえてヘッドアップしないよう何度もスイングさせたとか。
古い指導ですと言っていたと思いますけど、、
身体軸ラボ的解説ですが、、
まぁ偶々というか、、
これが良かった。
横から言葉で「ヘッドアップするな」と言われるよりは、、
コーチが正面に立って頭を手で押さえつけて、、
その姿勢でスイングさせる。
「つべこべ言わずにスイングしろ」、、
と、、そんな感じだったみたいです。
押さえつけられることで、、
次第に無意識に「つま先重心」になったと、、思いますね。
その基本を叩き込んだことで、、、
バックスピンの強くかかるスイングで、、
狙った場所に止めることのできる安定したショットを打てる。
そんな渋野 日向子選手が出来上がったと、、、
身体軸ラボはそう解釈しています。
頭を物理的に押さえたことで、、
偶々、、
偶然、、
ショット姿勢の重心位置とか身体運用部分がコミットした、適切になった、というコトです。
解説で
ヘッドアップしていないのが強さの秘密ですねとされても、、
つま先重心に指摘が届くことは無いと思います。
 


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。





動作を解析しても解は得られない件

プロフィールに
バドミントン実業団選手やパラバド元強化指定選手、高校バド部等のパフォーマンスUPをサポートしてます!
/理学療法士/美容整体師/YouTube/オンラインレッスン/動作分析/コンディショニング
とありますけど、、、


まぁやっぱり視点の違いですね。

オーバーヘッドショットした直後の状態。
※インパクト時画像あれば良いですけど
オーバーヘッドストロークインパクト直後の利き腕側の足
右足をあげているのを、、

「“股関節”が柔らかく効率良く使えてる指標」と言うのはビックリで、、、

これは私が前から指導しているショットの打ち方です。

理由が明確にあり、、

身体が柔らかいとか関係ない話なんですね。

まぁわかる方は素振りしてみたら理由は体感するはずだし、、

何処にセンターを作ってシヨットを出したか、、

それ故にこういう体勢になっているという意味、、

身体軸がわかる方なら説明不要です。

ここでは解説しません。はい。

解説は「フイー(Fee)」が発生します。


まぁ説明しなくても指導しなくても、、

トップ選手は知らず知らずにこういう打ち方を身に付けているというコトです。


意味が解って使えている方はスランプにはならず、、、

意味が解っていなくて使っている方はスランプになるリスクはあります。


意味が解っていなくてミスリードな解説している理学療法士もいるということですね。
※根本に身体意識・身体軸と言う概念が無いからです。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。






「中道」「中庸」と「中心」は別のモノ

やり過ぎて痛い目に遭って呟く「程々にしないとな」というヤツ。

「中道」やー
「中庸」やー

と言い出すヤツ。

どちらも脱線です。

必要なのは「中心」だけです。

そもそも真ん中に居れば良い。

201507142149192e6s
ヤジロベエも、真ん中の一点しかない。

高校野球球児がコロナ禍で部活練習できていないのにも関わらず、、

球速はアップし、、
打球は伸びて、、
体格はよくなっている。

オーバーユースしていた訳です。

程々の度合いも、個人差だし、感情や気分に左右される。

ですから基準を決めて守ることに尽きる。

テニス選手が長時間プレーするからと言ってランニングする必要は無い。

テニスコートの範囲でのショートダッシュ、ストップシヨットを繰り返すトレーニングになる。

必要なトレーニングを必要なだけでやることと、、

桑田真澄氏の言葉を借りれば「良いイメージ」で練習を切り上げることです。


まぁ、30万円のと60万円のロードバイクの何が違うのか、、

そこを捉えて文字化しない瞑想坊主に、、

中心どころか、、

中庸もバランスもわかるハズが無いのですね。


まぁ、またカラダを壊す事でしょう。

それを輪廻と言います。


もう釈迦を神輿に担いで記事にするのは止めることです。
釈迦に失礼です。


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




一芸も秀でてみたらどうかと、、

とある反スピなところで、、

日本は一芸に秀でている人を尊ぶ文化があるが、一芸に秀でていても人間的に素晴らしいかどうかは別問題で、世間知らずだったり、社会性がなかったりもするから、バランスが大事ですね。

と書いてある。

まぁスポーツバカってあります。

ただそれは「一芸に秀でている」言えるレベルのかな?とも思うし、、

秀でてると評価する「基準」の問題もあるかと思いますね。

少なくとも、、

イチロー選手とか、、

国内外で継続的にタイトルを取れるような方は、、

視野角も広いと思います。

つーか広く深くしないと、、

その一芸には秀でない、、と思います。

突き詰めるからこそ雑多な色んなジャンルから情報・ヒントを拾ってシナプスのランダム回路で飛躍的な組み立てをしていく、、、


まぁむしろ、、

バランスだとか言い出す前に、、

一芸に秀でる位とことんやってみろよ、、

そう思いますね。


バランス云々という方ほど、、、

実は中心が定まっていない方、、多いと思います。

中心がある方は、、

あやふやな言葉の代表な「バランス」は言わないと思いますよ。


バランス大事よね~(実は何もわかっていない)


取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。





プロフィール

身体軸

身体軸ラボ
立ち方歩き方座り方、中心をつかむ感覚に心と身体のあり方を地道に坦々と追求して30年が経ちました。人生の後半に入ってもまだまだ道は深く遠く何が頂上かはまるで見えません。道なき道をただ歩いていく、、その思うところを日々綴っていきます。

2003~4年頃より最初のブログを開始
2012年より「身体軸ラボ」としてブログ開始
2018年12月21日、ブログ4450記事が突然飛びました。
2018年12月22日、新たにlivedoorブログで開設。
身体軸と健康を中心テーマに引き継いで行きます。

身体軸ラボへ直接メッセージを送れます

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター 2018/12/22より
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
RSS
読者登録
LINE読者登録QRコード