身体軸ラボ シーズン2

    シーズン2として新たに開始します

誹謗中傷は芸を磨くらしい、、件

高須院長、ウーマン村本へ「誹謗中傷は芸を磨きます。気づきなさい」
高須氏は、村本が更新したツイッターの「誹謗中傷は自分がいかにバカかということを教えてくれる。褒めてくれる言葉は自分が合ってたんだと教えてくれる。両方あざす。でも不思議と本当に聞きたい話は好きになった人からの言葉なんだよなぁ。極右の親友も左だけど大嫌いなやつもいる。教えてもらいながら生きてる。様々の価値を」をリツイートし「シーマンくんに啓蒙。心地よい褒め言葉は増長の種です。心地よい言葉を発する方々は『巧言令色鮮し仁』です。成長に役立ちません。誹謗中傷は知性と寛容を目覚めさせ芸を磨きます。『艱難辛苦は汝を珠にす』です。誹謗中傷はあなたの糧です。ミュートやブロックは愚策です。気付きなさい」と芸を磨くための心得を説いた。


スピリチュアルでは、、

全ては必然、、
アナタの思考が現実化する

とか言いつつ、、

いざ自分が批判されると、、、

批判すると訴訟される怖れがあります、、とかな記事を書く(笑)


自分の書いた記事が言葉足らずで批判を招いたなら、、

そこは自分の責任だろ??と、、


ですが、、

教祖サンと取り巻きたちは自己防衛に走るので、、、

批判する相手を潰しに来る。

これは、実は、、

スピリチュアルな方達ではない、、

イベントビジネス屋であることを示している。


そこが透けて見えてきますね。



批判を気にするスピリチュアルって滑稽です。



取り敢えずこの辺で。







合気道 肩 緩み

DATE: 04/10/2012 00:43:24

アクセス解析を見てみましたら、「合気道 肩 緩み」で検索してる方がいる様子で、、

参考になるエントリーがあったか不明ですが、、

合気道は確かに緩まなきゃ出来ませんけど、、

緩む為には「軸」で立っていないと出来ないんですね。

で、「軸」で立つってのは、、


極小の筋肉の力で保持して骨格で立つこと、、に近いかもです。


私がやっていたのは合気道では無いです。
どちらかというと大東流合気柔術に近いかもです。
合気道には「気」とか「合気上げ」が無い。
ただ、私はどちらの流派にも属していません。
ただ、やっている事は、外形的には、大東流合気柔術や合気道に見える武道です。
内容的には、そこが一番なんですけど、外形的な習得ではなく、
内容的な感覚を掴めているかどうかがポイントでした。
とにかく、「力」を使わない。
ただし、脱力ではない。
そして中心から相手を倒して(崩して)制圧する。
そんな感じです。
技の外形的には、合気道よりは、むしろ大東流合気柔術の六方会の岡本氏の技とかにイメージは近いかもです。
とにかく柔らかい動き、スッとした動きでしたね。

で、、

極小の筋力で立つ事は、骨格的にバランスがきちんと取れていないと立てない。


もうバランスってより、「軸」に集約する最小の筋出力で立つって事です。


これは「脱力」では無いです。

宙に浮く感覚ですね。


普通、脱力したら大抵は姿勢が崩れますから。

技の練習で、脱力して緩むとグダグダな姿勢になる方は多かったです。

こういうのは、道場でどうのこうのではなく、、

日常の生活の中で常に意識して行う事が肝要です。


意識して生活することによって、、

無意識に、そういう身体の使い方をしていくようにすること。

そのペースがあって道場での自分の技も変わって行きました。

日常で常に意識して、、

どうすれば「緩む」のか?

その「理(ことわり)」を常に追究する意識を持つ。

もう寝てる時以外はそればっかりです(笑)


何事もそういう積み重ねが、、必要かと、、思いますね。


ホント、お酒とか飲んでいる時間がもったいない(笑)

てゆーか、、酒は無駄な時間だと、、ちょっとヘンかもですけど、、


でもまぁ、何か一つをやるんであれば、、そういうモノだと思いますよ。

一流って意味は、、、そこに一意専心、、

その自分だけの「一流」という一つの流れを作っていくって事で、、、


検索された方の「一流」を祈ります。



取り急ぎこの辺で。

※シーズン1のDATE: 04/10/2012 00:43:24記事の加筆再掲です。





40℃の白湯

DATE: 04/04/2012 19:05:44

さて40℃の白湯です。

昔のブログに掲載した記事です。


DATE: 03/07/2005 09:02:34
**肝臓さん**2005.3.7記

白湯のめば 肝臓助かり 医者要らず・・・

身体の体温調整や消化用の胆汁、解毒とかを引き受ける肝臓さん。
肝臓を癒すには「負担を減らすこと」ですね。
40℃の白湯を飲めばその分肝臓は助かり、エネルギーを解毒とかに回せます。
つまり飲み物は体温まで温まってから吸収される。
体温の維持恒常性は肝臓のお仕事。
冷たいものを飲むと肝臓は体温維持に力を余計に使います。
40℃の白湯は肝臓を休ませることになるんですね。

冷たい飲み物大好きなアナタ、、今日から40℃白湯にはまりましょう(笑)




DATE: 07/09/2005 01:15:43
テレビ番組で声帯声紋の大御所が言っていた、「声帯も老化します」
で、解決策予防策は?と言うと。。。

「水を一日に4リットル飲んでください」とのこと。

ラボでは一日2リットルを推奨していた。
これからは2~4リットルと修正しよう(笑)
大体平均で3リットルが良いみたいと、こちらの鑑定でも出ている。

但し、ラボのお勧めは「水(40℃の白湯)」である。

声帯声紋の大御所さんはペットボトルのお茶を示して「水分」と仰っていた。
しかしながらラボでは「水」と指定している。
新鮮な「真水」をたっぷり摂ることがリンパの流れには良い訳です。

しかし「お茶」とかだと、利尿作用が効き、必要な水分まで排泄してしまい体が水不足になります。

またジュース類だと「糖分」が血中の濃度を上げてしまうので、それを下げるため、水分を使い、結果リンパまで水分が届きにくくなるのです。

老廃物をリンパに流すには、ミネラルウォーターなどの水を飲むのがベストだということですね。

で、量の計算ですが、人間は汗や尿などで1日1.5リットルの水を消費するとのことで、

それでそれ以上の量を摂らないと、リンパまで水が行き届かない、、

で、一般には「2リットル」という数値が出ているみたいです。

只、腎臓機能が弱い方等個人差はありますのでその辺り心当たりある方は医師の診断が必要だと思います。

こういう循環、代謝が良くなると整体もうまくいきやすいです。
肉体の手入れ、食事の見直しと管理は大切です。
脳幹部活性して、気血を流すヒーリングをしても、流すのは「水」ですからね、、、

ラボではヒーリングの後に40℃の白湯(ひとつまみの塩入り)をコップに何杯か飲んで頂いています。

人肌温度の白湯が、一番身体に負担をかけないですし、吸収されやすい訳です。
これは普段からもお勧めです。

結論、40℃の白湯で一日3リットルのこまめな水分補給で健康に!

綺麗な若い声も「水」ですね(笑)




塩ひとつまみ入れた「40℃の白湯」が当方の推薦です。

人間の体の「体液」に含まれる塩分ってのは0.9%だそうで、、
白湯1リットル当たり5gの塩を入れて飲めば血糖値が下がる、、という話です。


綺麗な白湯で胃腸を綺麗に洗い流すということ。
大腸を綺麗にすることで血をサラサラにするということ。

但し、塩は自然塩でお願いします。


肝臓は体温を調節する大事な器官。
アイスとか冷たいモノを食べると胃を冷やし、胃の周辺に在る肝臓を冷やし、恒常性にエネルギーを浪費します。

ですから温かい白湯は、胃腸を温めて、更に胃腸周りの内臓(肝臓とか)も活性化します。
そういう相乗効果もありますので、40℃のひとつまみの塩入白湯をどうぞご愛飲下さい。


とりあえず、この辺で。







エセスピの見分け方 その壱

先ず手元を見ましょう。


念珠とか水晶ブレスとかジャラジャラ身に憑けていたら、、、


100%ニセモノです(笑)


取り敢えずこの辺で。





茂木健一郎が「二流学者」だと証明されてしまった件

茂木健一郎氏、CM降ろす発言の企業は「2流以下」
茂木氏は27日、「政治的発言をしたタレントさんを干すってダサくないですか?(笑い)」と題した動画をYouTubeにアップ。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛けたタレントのローラに対し、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が「僕なら(CMから)降ろす」とツイッターで発言したことを受け、「なんか日本だとタレントさんが政治的な発言をすると、番組を降ろされたり、スポンサーさんが『もう使わないぞ』って脅してみたり、なんなんですかねぇ?」と切り出した。

続けて茂木氏は、米ナイキが人種差別に抗議して賛否を呼んだアメリカンフットボール選手のコリン・キャパニックをCMに起用した例をあげ、「そういう社会に問題提起するような選手を使うことがナイキのブランド価値を上げた」と指摘。「ある程度、物議をかもしても、人類を前に進めるような提案をしててくださるような方はいいじゃないですか」と自身の考えを述べ、「それに対して、何なんですかね?日本の番組とかスポンサーって。『もしそういう政治的発言をすると降ろすぞ』みたいな。これ、ブランドとしては2流以下ですよね」と切り捨てた。


政治的発言と、人種差別の問題は別物で、、、

全く性質が違う。

サヨク(パヨク)の場合、全く例にもならない引用をしてクレームするというのがスタイルで、、

茂木健一郎もそういうパヨク脳だったということです。

ちなみに、、


コリン・キャパニック選手のは、、

2016年アフリカ系米国人への警察暴力に抗議し、米国国歌の斉唱時に起立を拒否して大きな議論を巻き起こした。ってことで、、、

それを

辺野古移設工事中止を求める政治的署名と同列に扱うのは、、、


コリン・キャパニック選手に失礼ですね(笑)


辺野古で反対闘争しているのは地元の人間ではなく、、

中国共産党と韓国人、、

そして、大阪西成あいりん地区の日雇いバイトのオッサンですから、、、


20170527225215530


20170527225218cc3



20170527225529039


20170527225958260


20170527230332a9b


そもそも民間企業が自社CMに「政治的偏向」を求めないのは当然で、、、

それは人種差別者をCMに起用しないということと方向性は一致しています。



自社の利益になるからCMするのであって、、、

政治的イデオロギーは民間企業のイメージとは違います。

誰を起用するかの選択権は企業側にあります。

ダサいと、、

文句あるなら、茂木健一郎がスポンサーになってローラを使えば良いだけなんですね。



まぁ、、

左翼反日の茂木健一郎自身の「二流の証明」でした。



こんな矛盾したのが脳科学者と名乗るのがオカシイです。

※中身は脱税タレントですから、、、



東京で行われるサヨクデモでも、大阪西成のオッサンが集められています。
20171008144946f4b
201710081449447dc

サクラを集めてデモをする、ちょっとカネをはずんで暴れさせる、それが「活動家のやり方」です。




取り敢えずこの辺で。











プロフィール

身体軸

身体軸ラボ
立ち方歩き方座り方、中心をつかむ感覚に心と身体のあり方を地道に坦々と追求して30年が経ちました。人生の後半に入ってもまだまだ道は深く遠く何が頂上かはまるで見えません。道なき道をただ歩いていく、、その思うところを日々綴っていきます。

2003~4年頃より最初のブログを開始
2012年より「身体軸ラボ」としてブログ開始
2018年12月21日、ブログ4450記事が突然飛びました。
2018年12月22日、新たにlivedoorブログで開設。
身体軸と健康を中心テーマに引き継いで行きます。

身体軸ラボへ直接メッセージを送れます

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター 2018/12/22より
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
RSS
読者登録
LINE読者登録QRコード
日本ブログ村PV

身体軸ラボ シーズン2 - にほんブログ村