夏越し大祓希望
55歳、女性
いつも大変興味深く読ませていただいています。 おかげさまでここ数年ほとんど医者にもかからず過ごしています。 とはいえ、2年ほど前から右側の膝や腰腕などの痛みが継続しており、右の小指がパンパンに腫れたことと関連しているのでは?と思いつつ、そこだけは整形外科にかかってみたところ、ブシャール結節とのことで、治療法がないとのお話でした。 一生痛みと付き合わないとだめだと医師に言われて、でも何か解決できないかと思っていたところ、娘からエクオールが効くのではと言われて飲み始めたところ、小指の痛みがだんだん減って、そこに連動していたと思われる節々の痛みも軽減してきました。 そのおかげで痛みをだましだましやっていたスクワットや筋トレも苦痛なくできるようになりました。 こちらのブログを読んで、いろいろ試しても節々が良くならない女性の方も多くいらっしゃるのでは?と思い、私のケースを報告させてただきました。 これからもブログの記事を楽しみにしています。

エクオール、、

女性ホルモンと構造が似ているので体内で女性ホルモンと似た働きをする。

更年期で女性ホルモンが低下すると、、

関節痛になったりする。

それで大豆イソフラボン摂取ですが、、

大豆→大豆イソフラボン→エクオールになるのは腸内細菌の働きで、、

それが「エクオール産生菌」

この腸内細菌の働きが悪いと、、

エクオールが産生できない。

どーしてそうなのかというと、、

腸内細菌が悪玉菌優位な食生活ということと、、

若い頃から大豆製品を余り食べていない方に多い。

日常的に大豆製品、豆腐、納豆、油揚げとか食べている方は、、

この「エクオール産生菌」が多い。

その他として、、睡眠時間、、

そして運動ですね。

運動している方はしていない方に比べてエクオール作るチカラは強いみたいです。

ともかく、、こういうカラクリだということで、、、


市販品ですと、こういったものを試されると共に、、

大豆食品の摂取を心掛けて「エクオール産生菌」を増やしていきましょう。


※レポートありがとうございました。


取り敢えずこの辺で。