2021年8月10日火曜日-午後7時7分EDT

ロンドン(LifeSiteNews )–コロナウイルスの蔓延に関する英国の公衆衛生政策部門のデータによると、COVID-19に関連する入院と死亡の65%は、実験用ワクチン接種を少なくとも1回投与したことがある人の中に含まれています。

英国公衆衛生サービス(PHE)は、ウイルスのデルタ変異体の蔓延を詳述した レポートを8月6日に発表しました。これには、COVID-19が2021年2月1日から2021年8月2日までの要因であった入院と死亡が含まれます。

NHS Test and Traceプログラムと統合され、来月英国健康安全保障局になる予定のこの機関は、英国でのウイルスの合計300,010件の「確認済みおよび暫定的なデルタ症例」の概要を説明しました。これらの「症例」のうち、151,054人がワクチン未接種の個人で発見され、50%強に達しましたが、陽性の検査で117,115人が少なくとも1回の抗COVIDワクチン接種を受けていました。合計31,841人が「リンクされていない」とマークされました。これは、「英国の監視システム内に存在しないシーケンスの数を表す」ためであり、おそらく他の英国諸国の行政に由来するものです。

ワクチン接種のカテゴリーは、ショットから21日以内と21日後の両方で、1回のワクチン接種を受けた後に陽性と判定された人と、両方のショットを受けた人に分類されます。

1回のワクチン接種を受けた人の場合、24,018人が21日以内にCOVID陽性であり、21日後に46,089人が陽性でした。これは、全体の「ケース」の数値のそれぞれ8%と15.4%を占めています。

二回ワクチン接種の中で、47,008が陽性であり、300,010のデルタ感染の15.7パーセントを占めています。全体として、英国のすべてのCOVID感染の約99%を占め、テストによって検出されたDeltaバリアント感染の39.1%は、ウイルスに対する実験的「ワクチン」を少なくとも1回接種した人に起因します。 。

ワクチン未接種のカテゴリーはイギリスのデルタCOVID感染全体の約半分を占めていますが、このグループの死亡率は実際にはウイルスに対するワクチン接種を受けた人々よりも低く、二回ワクチン接種での入院はワクチン未接種の個人の入院を上回りました。

ワクチン未接種の患者のうち、病院に入院した人の数は2,960人で、これはそのグループの感染症の1.95パーセントに相当します。ワクチン接種を受けたグループ内で、3つのサブカテゴリすべてを集計すると、入院率がわずかに低下し、1.8%になります。

しかし、完全にワクチン接種されたグループだけをとると、PHEデータは、47,008件の特定された感染症のうち1,355件が入院したことを示しています。ワクチン接種されていない人に対して。

最初のショットから21日以内にウイルスに感染した人は0.97%の入院率を示し、最初のショットから3週間後に陽性と判定された人は1.14%の入院率を示しました。

さて、イギリスのこの報告。

ブラウザ翻訳でちょっと読み難い。

どう読むかは自由ですが、、

二回ワクチン接種での入院はワクチン未接種の個人の入院を上回りました、ですね。



取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




癒し・ヒーリングランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村