まぁ、、とあるチャネルヒーラー。


ジムトレで、ランニングマシンに乗っていたら、、

車が突っ込んできた。


隣りの二台のマシンに突っ込んんで、、

その隣の方達は、とっさに飛び退いて助かったと、、

自分のマシンは1m離れていて全く無事だったと、、

神様に守って頂いたんだーという能天気なバカ記事がありました。

※スピあるあるですけど、、、


それを読んで、、

ふーん、、

ソレ警告じゃね??と思いましたね(笑)

何でも、、

十二神将が来ていたとか、、


へぇ、、、

十二神将が来ていて、、

車が突っ込んだコト自体がおかしい。

ワタシはそう思います。


もし、、アナタには我々がついているという「示し」だとしたら、、

ジムはドッカーンで破壊されて大損なだけにオカシイ。

バランスの悪い、、

非常に無駄なことです。


全体で見れば、、

そのチャネヒーラーを救うだけで、ジムとマシンとガラス破壊の事故は釣り合わないと思います。

そもそも事故そのものを防げよと、、

チャネヒーラーが自己中心視点しか持たないなら、、

守ってくれたーなコトしか出ない。

自分が車に突っ込まれる場にいる、、

何故それがソコに起きたのかという「因」には行かない思考をしている時点で、、

チャネヒーラーの自己中思考はバレているというコトです。



まぁ、、本当に十二神将とか守っていたら、、

そもそも何も事故は起きない。

何かか飛んできてもひょいと頭を下げて通り過ぎて「アレ?何かあった?」で終わりだし、、

そもそも何かが飛んでくることも無い。

根元で断っています。


レジに向かえばガラ空きで、、

レジで支払いして振り返ったら長蛇の列とか、、

空いているなーとランチに入ったら、、

その後ドドドと混み出したり、、、

信号や乗り換えの電車が待つことなく繋がったり、、

そういう世界になります。

まぁ甘えさせ過ぎですけどね。


アチラ(十二神将)はアチラで仕事しているだけです。



取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




癒し・ヒーリングランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村