まぁ、、なんつーか、、

ワクチン接種により、体内でスパイクたんぱくが増産され、、

呼気と共に空間に吐き出される。

そして接種者は無症状(副反応はあるかも)です。


裏付けは、、

インフルエンザワクチンでの話。

かねてから、インフルエンザワクチンを接種した人が発熱したり、感冒症状が出るのはワクチンに添加する物質が原因だと思っていました。

ところが・・・・

インフルエンザウイルス感染について今年の1月にFBで紹介した論文には続きがあります(Proc Natl Acad Sci U S A. 2018 Jan 18. pii: 201716561)。

この論文を私が紹介してから、日本語のサイトにもたくさん紹介されるようになりました。

それらの日本語のサイトでは、「ワクチン接種者呼気中には6倍ものインフルエンザウイルス量を出されている」という内容が抜粋されて話題を呼んだようです。

直径5-μm以下の微小エアロゾルに含まれるインフルエンザウイルス量は十分感染性がありますが、咳やくしゃみ(こちらはもっと大きな粒子のエアロゾルも出る)だけでなく、その大半は通常の呼気から放出されています。

興味深い点は、

・空気中のウイルスを含んだエアロゾルの放出は、サンプル採取時の温度、喘息、喫煙などの既往、インフルエンザウイルスの型によっては左右されなかった。

・前年度および今年度の2年連続のインフルエンザウイルスワクチン接種者は、ワクチン未接種者と比較して6.3倍も微小エアロゾル粒子含有ウイルス量を空気中に放出していた。

・まったく感染症状がない人の方が感染性の微小エアロゾルを放出している。

・微小エアロゾルはBMI(肥満)と関係。

といった結果です。

感染症状がない人の方が感染性のあるエアロゾルを放出しているのですから、これは困ったものです。

マスクをしている人はあまり近寄らないような目印となりますが、何も症状のない人は避けようがありません。
崎谷博征氏のblogより

コロナワクチンもたぶん同じでは無いかと思います。

スパイクたんぱくだけやろ?ですけど、、

副反応と同じ症状を出してPCR検査すれば、、

つまり陽性で、、

「感染者」の誕生です。


ワクチンを打った数だけスプレッダーも比例して増える。

接種していったらPCR陽性者が増える理屈です。


第五波が急激に増加して、、そして終息した理由でもありそうですね。




取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




癒し・ヒーリングランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村