健康面は個人のプライバシーですしね。


 政府は6月にまとめる経済財政運営の指針「骨太方針」に、健康保険証をマイナンバーカードに一体化させる「マイナ保険証」の利用を促すことで、将来的に現行の保険証の原則廃止を目指すことを明記する方向で検討に入った。関係者が23日、明らかにした。

 マイナ保険証は政府のカード普及策の一つで、患者の健康情報を治療に生かす「データヘルス」の基盤として位置付ける。医療機関でマイナ保険証を読み取り機にかざせば本人確認ができる。医師らが患者の同意の下、薬の処方歴や特定健診の結果を見て治療に生かせる。

 この仕組みを使うには、医療機関が読み取り機などを設置する必要がある。

共同通信 2022/5/23 22:39 (JST)
5/23 22:53 (JST)updated
https://nordot.app/901464361789489152


骨太って、、そういう部分なの??と疑問。

国民管理(監視)社会を目指しますと言っているようなもので、、

誰がワクチン打った打ってないをデータ化してしまうし、、

当然、顔認証にも関連付ける。

つまりゲートで遮断されるシステムになる。

銀行(金融)と紐づけることで、、

決済機能も監視される。

現金を廃止されたら、、

何処からカネを得たか、、

何処で何を買ったか、、

どういうルートで行動しているか、、

全てが監視される。

ある日いきなりあなたのカードが使えなくなるということにもなるし、、

切符も買えなくなったり、、

県外に出る切符が買えないとか、、

海外に出国も出来ない、、という切符購買規制と監視も出来る。

現実に、、高速道路はETCのみで現金通行不可な入口が増えている。

何処から入って何処から出たという記録も蓄積される訳です。


国民の情報が監視監督される機能を持たせるなら、、

これは全体主義国家、共産主義国家、社会主義国家の形態です。

確実に変な方向に向かっていますね。




取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




癒し・ヒーリングランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村