プロ意識というか、、

アスリートの違いが出ているような、、

インタビューなら事前の情報収集、徹底リサーチが当たり前なのに、、、

内田篤人氏は仕事という意識が希薄だと思いますね。

台本もスタッフ任せで、自ら手書きで埋めるという仕事はしないでしょうね。

呆れました。

選手時代の実績だけでテレビに出ているだけで、、、

飽きられるのも早いかもしれませんね。

ボクシングの減量知らないとか、、ボクシングファンからはソッポ向かれますね。

日本の記者はレベルが低いと言われますが、、

同じアスリートでこのレベルです。

もしこれが台本通りなら、あまりにもスポーツをバカにしていますね。


アスリートの違い


内田「そこ(酒)なんですね」

井上「結局そこ(水)なんですよ」


てことは、サッカー選手は毎日のように酒を飲むというコトです。

そういう選手は引退年齢も早いでしょうね。


もし内田選手が本気ストイックなら、、

ボクシングは酒を飲んでもできるスポーツだと考えていたんですかね???




取り敢えずこの辺で。
※2つのランキングクリック宜しく。




癒し・ヒーリングランキング



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村